スポーツ後の筋肉痛に効果のある塩と白湯の摂り方

 

スポーツの後は筋肉痛に襲われることありませんか?

ランニングをしていて、足の疲れをほっておくと筋肉痛

痛みは起こりやすくなります。

また、水分不足、塩不足でもおこります。

 

 

筋肉痛に効果的なのは、まずは、水と塩です。

人間の体の70%が水です。

体液、脳脊髄液、血液、リンパ、細胞内液、細胞外液など沢山の液体があります。

私たちは、どれか一つの体液を調整する事は現状ではできないのです。

全てを統合しながら補いながら動いていくものです。

動く時には、ポンプ的な役割を心臓が行ったり、

筋肉がポンプの役割をして心臓へ押し返す役割をします。

その為、ウォーキングなどが良いのは、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして

呼吸に関わる筋肉の横隔膜などもポンプ作用により血液を肺から心臓へもどします。

またリンパ液も横隔膜のポンプ作用で鎖骨下リンパへもどしていくのに役立ちます。

塩、レモン、水ですが疲労の回復には非常に良いと思います。

水とレモンだけで爽やかさを求めて飲まれる方もいます。

しかし、疲労を取り、老廃物を出すのには、ミネラルの役割が大事になります。

ミネラル不足は、細胞の活動エネルギーを助ける事ができない。

酵素の助けがない事には細胞が活動するエネルギーは生まれない。

酵素は1秒間に1万回以上も振動する。その元の力となるのが、ミネラルです。

ミネラルは、塩の中に豊富であるために、水と一緒に取るといいのです。

ミネラルは、タンパク質、ビタミンと反応しながら体の発育、体の恒常性

体の代謝の陰の主役といえます。

その為、いらないものを排泄するのにもこれらの水、塩ミネラルが大事なのです。

つまり、スポーツ、ランニングした後の痛みなどを出すのにも何もしないのでなく

早期回復の為に、水と塩とレモン水を飲む事をお勧めします!

水と塩とレモンにプラスして効果的な方法とは?

①ストレッチを行います。

このストレッチは、時間を長めにやります。

特に反動をつけてやるようなストレッチでなく、

ヨガのようにゆっくりやるスタティックのストレッチがいいでしょう。ゆっくりと呼吸をしながらやる事で老廃物をだしやすくします。

さらに呼吸をゆっくりすることで筋肉を柔らかくしていきます。

水と塩とレモン水にプラスして効果的な方法

②アイシング

スポーツの後に筋肉痛を和らげるためにアイシングは大事です。氷枕などをつかうなどしてください。シップをすると熱がこもり痛みが逃げにくくなります。

その為直接、氷で冷やすほうが痛みのひきがはやくなります。

これでさらに塩水でマッサージするなども効果がありますよ!

③整体

スポーツの後に整体をうけます。これは、老廃物を流すのにもよく、疲労の物質を洗い流すのに効果的です。関節の矯正を的確にしてもらうのもいいですよ。その際に、アイシングをしながらマッサージをうけるなどするとより痛みの引きがはやくなります。

 

塩と水をうまく使う事で体の回復が早くなっていきます。

ぜひ、皆さんもごかつようくださいね!

 

アスリートの皆さまへ

お問い合わせはこちらから

電話対応について:誠に申し訳ありませんが、施術中で電話に出られないことが多いかと思います。ご予約・お問い合わせの方は、留守番電話にメッセージを残していただければ、後ほどこちらから折り返させていただきます。