子供整体①ユガミ

子供整体、小児整体、赤ちゃん整体のメリット


今日、お話しする内容は、受ける人への注意喚起でもあり、整体、手技療法業界がさらに発展してほしいという思いがあります。それは、学ばない先生が安易にできるものでは無いからです。

私自身が、大学の研究、国家資格レベル、国際基準レベルで多くの学びの中から感じていることです。

 

子供整体ですが、当院では、産まれてすぐ1時間以内でも対応しています。

つまり、0歳から対応しています。

もちろん、小学生、中学生の方でも大丈夫です。

 

当院の最大の強みは、

国家資格取得

国際基準レベルのカイロプラクティック、

国際基準レベルオステオパシーの学びを続けてきたことです。

日本で唯一だと思います。

きちんと小児、妊産婦のレベルをやっているのか?

かならず見分ける必要があります。

頭蓋仙骨治療と言っても、国際基準レベルで学んだ人と、

いわゆるちょろっと学んだ人の違いは大きく出ます。

ですので、先生選びも大事です。

 

どんな先生に子供の整体を受けると良いか?


私自身が、日本の国家資格の柔道整復師の資格を取りました。

また、国際基準レベルでカイロプラクティックこれは、普通の学校から数えて合計6年

国際基準レベルでオステオパシーこれは5年間、毎月7日間~11日間の学びをします。

卒業後もさらにハイレベルな学びを続けて、毎月勉強会に参加しています。

国家資格を持ったうえでないと入れないところもあります。

子供の治療法を多く学びました。

日本で国際基準レベルそれぞれの学びをやってきたのは当院のみだと思います。

 

海外では、医者と同等の資格といわれています。手術もできますので。

もう、本当の治療、手技療法を求めて世界の名だたる先生の指導を受けてきました。

結果的に4500万ほど投資してきました。。。

ここで、小児、妊産婦、ホルモン疾患、女性疾患、腰痛、肩こり、脊柱管狭窄症、ヘルニア、夜泣き、チック、自律神経失調症、学習障害、発達障害、てんかん、喘息などなど多くの疾患に向き合いました。

もう、たぶん、国家資格、国際基準レベルでやった人は、日本では私だけではないかと思います。

当時でもここまでやる人はいなかった。

子供整体をやる上で、整骨院レベルではできません。その学びをそもそもしていない人が、大多数です。

整体院でも、こども整体と言っても「国際基準レベル学校を卒業していない」

数日の講習のみで終了している人も山ほどいます。1日、2日、一朝一夕ではできません。

 

ほんとうに注意してください。

 

頭蓋仙骨治療と言って、頭にマッサージ機をかける先生、あかちゃんの首を意味なくバキバキし始める先生。マッサージですべて頭の形が変わる・・・。

1歳、2歳以降しか見れません、3歳以降からならOKとか。

子供の状態をわからずに20分、45分、60分も治療をしている先生。それは、身体を見れていないという事なのです。つまり子供の状態を見分けずにしているということ。本当に危ないのです。

 

丁寧に見ているつもりかもしれませんが、やる必要のないところを見ている可能性があります。

 

つまり、習っていないので間違ったことをしているケースが多々あります。

 

子供を触れた時点で、骨、靭帯、筋肉、関節、関節包、神経、リンパ、膜、硬膜、くも膜、軟膜の状態を触り分けられる手技、整体の技術力が大事です。

それは、当院では持ち合わせていますので、ぜひ、ご安心ください。その為のトレーニングをしっかりと受けていますし、それは継続的にプロフェッショナルな方々と常に海外研修、日本での医療の分野でトレーニングをつんでいます。

 

鍼灸、柔道整復師、あんまでは、子供の治療の事を詳しくはやりません。

捻挫、脱臼、打撲などの外傷は子供のスポーツ外傷はやります。それは、子供の怪我などには非常に役立つと思いますし、その後に当院で骨を修復にかかることもあります。

鍼灸では、夜泣き、てんかん、自律神経障害などなど子供の症状をやります。

 

ただ、柔道整復、鍼灸、マッサージは、骨格や神経が見れない点。

また、頭蓋骨、膜、神経系をみれません。

 

その為、私自身が、学校を卒業して、海外まではるばる行ったこと。国際基準レベルでやらないといけないこと。そして継続して学び続ける。

日本の整体では、子供を手技整体で見れる人はわずかです。

 

院長松本恒平が、産婦人科医、肛門科医、小児科医と連携して、出産の過程を教えている日本で唯一のコースです。日本の整体で癒楽心体療法、アングル整体、日本統合手技協会などでは子供整体、妊産婦整体をやっています。それは、手技の細かさがちがいます。子供見れるプログラムをきちんとやっています。

 

ですので、ぜひ、施術をする先生の学歴も見てください。

頭蓋仙骨療法と言っても、子供に対して学んでない先生も沢山います。

逆に子供が見れないのに、頭蓋仙骨治療の子供バージョンを教えている先生もいます。

 

それですごく悩みました。そのため、過去に継続的に海外のプログラムを受ける事にしました。

それから、多くの子供の改善がでてきました。

子供の斜頭も変わってくる。学習能力、運動能力もあがります。


こどもの斜頭、学習障害でも効果出てるのは、日本でも数少なくて、

専門治療院と言っていても、学歴の上でそのプログラムを正式に受けてきた人は日本では少ないです。

その為、先生の力量もしっかりとみて、料金だけで判断をしていはいけません。

安かろう、悪かろうというのもあります。

命を奪いかねないのです。

 

頭蓋仙骨でも、メカニカル、ファンクショナル、バイオ、発生学、解剖学

それぞれのプログラムを受けている人も国際基準レベルでいき、

さらに卒業をして、まなび続けます。

その為、先生の学歴を本当に見て参考にしてください。年齢ではありません。年数だけではありません。

脱サラして立派そうに見える先生もいます。しかし、本当は、学校にいかなくてもなれるのが整体です。

同じ整体・カイロプラクティック・オステオパシーでも全然違っていたりします。

ぜひ、学びの深さと結果を見て欲しいと思います。

学びが健康を変えていきます。それは、受ける人への注意喚起でもあり、整体、手技療法業界がさらに発展してほしいという思いがあります。それは、学ばない先生が安易にできるものでは無いからです。

どうか、共に幸せな世の中を作っていきたいと思います。

子供整体、赤ちゃん整体、小児整体、頭蓋骨治療、姿勢矯正の問い合わせくわしくはこちらへ

小児整体・赤ちゃん整体

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから

電話対応について:誠に申し訳ありませんが、施術中で電話に出られないことが多いかと思います。ご予約・お問い合わせの方は、留守番電話にメッセージを残していただければ、後ほどこちらから折り返させていただきます。