ドクター推薦文

■推薦:ドクター
耳鼻咽喉科ドクター
清水 智之 先生

松本恒平先⽣と知り合ったのは、東京で経営塾でのことでした。私は⼤阪府で⽿⿐咽喉科の開業医をしています。2 院経営をしております。

経営塾と⾔いましても、数字等の話は全くなく、⾃⼰の変容を促す場所でした。組織はトップ次第、嫌なことは⾃分の嫌な内⾯を相⼿が⾒せてくれているという考えをもって⽇々過ごしているとクリニックは⾃分の⽣き写しに思えてきます。

全国から参加者がいる中、たまたま⼤阪から来たこと、お互いに医療職であるということに親近感を覚えたものです。その懇親会の席で、オステオパシーの話を体感することになり、僕と塾⻑が体験しました。その後、⼤阪で施術を受けました。

頚椎症で、⾸だけでなく⼿のしびれも持続し、診察中は頻回に吐いていたので、⾊々な施術を受けていました。その中で⼀番効果がありました。特に延髄から頸椎に当たる部分は外から直接アプローチできないので、整体院ボディーケア松本の治療が⼀番効果ありました。今でもずっと通院を続けています。

最新の天体観測などによる「宇宙論」では、⼈の⽬に⾒える物質はたった 4%だけだと⾔われています。⼈間に置き換えると、⼈の顔・⾝体など外⾒的なものや、触った感覚など物質の部分が 4%、そのほかの⽬に⾒えない 96%は⽬に⾒えない感情や雰囲気、エネルギーなどで構成されているんです。

「病」は「気」からといいます。医師である⾃分が直接何とかできるのは4%にしかすぎません。それ以外の 96%からアプローチすることもとても重要になります。⼈間⼒を鍛え、向上させるという塾で出会った我々(松本先⽣と清⽔)がともに信頼を置くようになるのは必然であったと考えます。

今は定期的に⽿⿐咽喉科の講義も松本先⽣主催の勉強会でさせていただいております。医学は物質である部分にはとても効果的ではありますが、万能ではありません。⾊々な分野の⼈が協⼒して、各々の得意分野を最⼤限発揮できる環境になるのが理想です。そのためにも、まずは⾃⼰研鑽が必要となります。

そういった仲間を率いている松本先⽣の⼈柄が前提にあり、そこに理論に裏付けられた技術をもって治療効果を最⼤限に⾼める努⼒をしているところが⼀番の魅⼒ではないでしょうか。

技術とともに⼈間⼒を上げるためにも、いい仲間が必要となります。同じ⽅向性を持った仲間は意外と多くはないものです。話の合う仲間を⾒つけにセミナーに参加してみることをお勧めいたします。

■推薦:ドクター
耳鼻咽喉科ドクター
清水 智之 先生

腰痛で歩くのも座るのもつらい。
長時間のパソコン使用で肩がゴリゴリにこっている。
五十肩で腕があがらない。

そんな悩みを持っている人はごちゃまんとおられるでしょう。
私もそうでした。
そんな時、誰もが「腰が悪い」「肩が悪い」と考えがち。
確かにそうです。
痛いのは肩、腰です。
でもその痛みがなぜ引き起こされているのか?
使い過ぎ?
筋肉疲労?
背骨の歪み?
それもある意味正解かもしれません。
それでは腰や肩が悪くなったのは何故でしょう?

その原因が脳や神経から、骨からきているなどと、医師である私ですら思いつきませんでした。

肩がこっているから揉んでもらって治す
腰が痛いからマッサージしてもらって治す
今まで数々、そのような施術を受けてきましたが、筋肉や体に痛いことを一切することなく、治してもらったのは初めてでした。

普通は施術のあとは、いわゆる「揉み返し」が来て、体がだるくなったりしんどくなるのですが、松本先生の施術後は体が軽くなり、帰る時の足取りが全く違ったのも感動でした。

今までの整体の常識を覆す施術です。

痛いマッサージもしない、鍼もしない、そんなミラクルとも思える施術は脳神経学的なアプローチに基づくもの。
人の体を扱う職業の人には是非学んで頂きたい、そして私も学びたい理論です。
ずっと通っているのに治らない。一旦治ってもまた繰り返す。
そんな腰痛や肩こり、身体の不調に悩んでおられる方には一度、お試し頂きたい治療です

お問い合わせはこちらから

電話対応について:誠に申し訳ありませんが、施術中で電話に出られないことが多いかと思います。ご予約・お問い合わせの方は、留守番電話にメッセージを残していただければ、後ほどこちらから折り返させていただきます。