白湯と塩で二日酔い対策

 
お酒を飲みすぎた時にどうしてもラーメンを食べたくなりませんか?
それは、お酒を飲む事で体から多くの水分と塩分の中に含まれるミネラルが排出される為です。
 
 
ラーメンを食べたくなるのですが
翌日のむくみ、膨満感、太るという罪悪感がぬぐい切れません。
 
 
実は、一番いい方法が、白湯に塩を入れて飲む方法です。
お酒を飲む人なら誰でも簡単にできて太らず、むくまず、スッキリするできるのです。
 
 
なぜなら私も実践をしていてこれを試してから
太る事はありませんし、むくみも無く
さらに良いのが朝の目覚めがスッキリするようになったからです。
 
 
この記事では、お酒を飲む人の為に白湯と塩で
太らず、むくまず、すっきりするポイントやメリットをお伝えしてきます。
 

【白湯と塩のバランスが大事】

 
人間の体は、60%が水分だといわれます。
そのうち約0.9%は塩分だと言われます。
 
このバランスを崩すと免疫力も落ちますし
お酒を飲みすぎれば、体から水分の脱水が起こり
吐き気もより強くなることもあります。
 
 
塩に含まれるナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウムを主成分とします。
体の機能調整に重要な役割を果たすほか、骨や血液、脳脊髄液、細胞の構成成分です。
 
 
お酒を飲みすぎると体の中から水分とミネラルの排泄が起きます。
その際に脱水がおき下痢をしたり、不調が続き、
水と塩が足りないことで体の健康状態を保てなく翌日辛くなるのです。
 
 
そこで試してほしいのが白湯に塩を入れて飲む飲み方です。
 
 

【二日酔い解消する白湯と塩の摂り方とは】

白湯の量を200㎖に対して、約1%程度
つまり、小さじ半分(約2グラム)を入れます。
「結構入れる」と思われるかもしれませんが、お酒を飲みすぎた時にはこれくらいで大丈夫です!
もし、辛いなと思われたら白湯を足してもらっても良いです。
 
 
体内の60%が水と言われます。
そのうち0.9%が塩と言われるので、脱水した量を考えると2グラムくらいは大丈夫です。
 
体の酸性度、アルカリ性の状態をうまく保ってくれ
悪いものを排泄する役割をもしてくれますし、
アルコールの酔いをうまく覚ましてくれます。
 
 
さらに温かい白湯の力で体は温まり、寝つきが良くなります。
 
 

【まとめ】

白湯と塩と思われるかもしれませんが、人間の体にはとても必要な物です。

きちんととる事で健康の維持になります。

白湯に塩を1グラム~2グラムいれて飲むことで、ミネラルバランスも取れて
水分補給もできて二日酔いになりづらくなります。
 
ぜひ、お試しください。
 

お問い合わせはこちらから

電話対応について:誠に申し訳ありませんが、施術中で電話に出られないことが多いかと思います。ご予約・お問い合わせの方は、留守番電話にメッセージを残していただければ、後ほどこちらから折り返させていただきます。