あの『硬い骨』に柔軟性があること知っていますか?

こんにちは
 
整体院ボディーケア松本
院長の松本恒平です。
 
 
骨は、一般的には、硬い組織と思われています。
 
さて本当に硬い組織で、カチカチなんでしょうか?
 
実は、『生きている骨は柔軟性』があります。
なぜなら、骨は水やコラーゲンなのたんぱく質からできているのです。
 
 
潤いの無い、乾いた骨は折れやすいです。
骨粗鬆症の様な骨の中がスカスカといった感じです。
 
 
例えば木の枝でも潤いがないと折れやすくなります。
実際に硬い骨なのに折れるのです。
潤いがある木は柔軟性があって簡単に折れません。
 
 
骨も同じように柔軟性がありクッションの役割をしてくれるのが
骨の中に含まれる水・コラーゲンなのです。
その骨が柔軟であるからこそ運動による外力にも耐えられるのです。
 
 
それでは、骨と水とコラーゲンなどの関係を見ていきましょう
 

【骨を発生学の観点から見ると水である】

発生学的には、骨ができるのは、液体から出来上がり
膜からできるもの、軟骨からできる物があります。
 
イメージとしては、濡れた雑巾を絞って、絞って
脱水させた結果が「骨」なのです。
 
その為、水が足りなくなると骨への潤いが無くなり
骨に関わる疾患、慢性的な動きの悪さが出てしまいます。
 
代表的な例で言えば、五十肩、関節症。
 
それは、骨などのコラーゲン組織に水の潤いが無くなり
脱水してしまい動かなくなってしまいます。
 
つまり手技などでいくら施術をしても
もともとの水や潤いが無ければ治り辛くなるのです。
 
 

【水が無ければ、たんぱく質も作れない、骨も作れない】

水分は、細胞内でも大活躍。
 
例えば、タンパク質はアミノ酸からできており、
細胞内には遺伝子の指令通りにアミノ酸を作る工場があります。
そして、このアミノ酸には水を嫌う疎水性と水を親しむ親水性があります。
 
アミノ酸は、アミノ酸を作る工場から吐き出されて細胞内の水に触れた瞬間、
それぞれが水に反応してたちまち立体構造を作り、一人前のたんぱく質となります。
 
こうして体をつくるタンパク質は細胞内で合成。
つまり、水が無ければタンパク質も作れないし、骨も作れなくなってしまいます。
 
やはり普段から水をきちんと摂取することは、ただ脱水を予防するだけでなく
骨への潤いを作るための材料への栄養を補充するうえでも大事です。
 
 

【脱水をしているかの目安】

脱水の目安としては、喉が渇く事。
一般的には、喉が渇いている時点ですでに遅いと言われます。
 
チェックしておきたいのが、トイレに行った時のおしっこの色。
尿は正常なら薄い黄色、水が多ければ透明な状態。
脱水をしていると濃い黄色の状態になります。
 
サプリなどで黄色になるケースもあるが、
サプリなどを取らない状態でいた時を想定してください。
 
 
例えば、夜中にトイレにいくと日中よりも濃い黄色のおしっこだったら
寝ている間に水分補給をせずにいるので脱水しているからだ。
 
 
もし、日中でも濃い黄色のおしっこだったら水が足りない証拠です。
もっと多く水分を取ったほうがいいですよというサインである。
 
 
 

【結論】

骨が大事なのですが、骨を作るための
水、コラーゲンというたんぱく質が大事。
 
つまり、骨はカッチカチではダメなのです。
 
実は、潤いがあって柔軟性のあるほうがよいのです。
 
だから、食事も大事ですし
普段から水をしっかり飲みましょう!
 
 

お問い合わせはこちらから

電話対応について:誠に申し訳ありませんが、施術中で電話に出られないことが多いかと思います。ご予約・お問い合わせの方は、留守番電話にメッセージを残していただければ、後ほどこちらから折り返させていただきます。