歯科矯正とチック・ざわざわ感・おねしょは関係あるか?

こんにちは

大阪の整体院ボディーケア松本

院長の松本恒平です。

ここ最近、子供の歯科矯正、チックなどのご相談が非常に増えています。

子供を何とか薬で治すのでなく、他に方法が無いか?とお越しになられます。

歯科矯正は、歯医者の専門分野です。

ただ、整体、カイロプラクティック、オステオパシーなども歯の問題を取り扱います。

歯科矯正と頭蓋施術は同時にやるべき

アメリカに以前行った時に、歯医者さんとオステオパシー治療院が連携しているというのを知りました。

これは、すごくステキだなと思いました。

それから、ボディーケア松本では、医療連携をしています。

 

歯科矯正をする子供が多いからお伝えしたいのですが

頭蓋骨は動いています。

上の前歯の骨も動いています。実は、真ん中で上顎骨は割れていることで、片側で物をしっかり噛んでもわずかにせん断されることで動きを確保しています。

そして、真ん中のせん断により、噛んだ時の力を逃しているのです。

 

それが、もし真ん中の縫合がくっついていたら、硬いものを噛んだ時におそらく障害を受けて、折れるという事が起きます。

少なからず、人間の顔面の骨は動いているのです。

なぜ色々な症状がでたか?

ご相談にこられる患者さんには、なぜ歯科矯正をして急におねしょが増えたり

ざわざわ感、チック、首の痛み、肩こり、腰痛が起きたか??

分からず来られる方がいます。

それは、歯科医でももしかしたらわからないのかもしれません。

正直、私が施術をしていて、経験上のもの、

または、体の中のつながりをみていくとそういった症状がでるという事をお伝えします。

①顔面の骨は自由に動く必要がある。

頭蓋、顔面の骨は23個の骨でできています。子供の時はもっとこれが分かれています。

(ネッター解剖学アトラスより)

頭蓋は、屈曲伸展側屈などの動きをしていて、相互の関節、膜と連動しながら動いています。

自由に動く事で制限なくうごきます。

ここは、時計の歯車の様に動く事でスムーズになると考えてください。

これが、スムーズだから全体につながりをもっていけます。

 

②膜の動きで体が繋がっている

頭蓋仙骨の動きでは、頭から仙骨まで膜のつながりがある事をも伝えています。

(ネッター解剖学アトラスより)

特に蝶形後頭底をみます。ここが自由に動いていないともう一つ骨の動きも制限されます。

特に重要なのは、蝶形骨、骨盤の結びつきには実はどちらも大事な内分泌腺があります。

脳下垂体は蝶形骨、性腺は骨盤に保護されています。

おしっこをするためのホルモンをここで刺激をします。

その為、その制御システムがうまくはたらかなくなると考えます。

 

脳下垂体は、ホルモン分泌の最高中枢です。

ここの機能に影響を与えます。

骨盤、仙骨は生殖器に関わりますからおねしょの問題、

また、神経的には一部腎臓系、膀胱系の神経T11・12・L1からの神経伝達も関わります。

(ネッター解剖学アトラスより)

③顔面の骨は内臓とつながる

顔面の骨は内臓とつながります。これは、顔面の骨は「内臓頭蓋」と言います。

その為、口の中は、肛門までつながっています。

その為、口の中の障害が、お腹に出ないわけがないと考えています。

口内炎の問題は、内臓の疲れとか

お腹の調子が悪いと唾液の状態も悪くなります。

歯が悪くなると噛めなくてうまくできないと内臓に負担がかかります。

歯が無いと筋肉に力が入らないとか、筋肉にも影響をだします。

 

自由に動く必要がある関節、膜を制限をしてしまうと

他の箇所が過剰に動いたり、動きを制限された個所と関連個所が動かなくなることがあります。

 

頭蓋は、脳神経を繋がります。

その為、脳神経系の症状がでてもおかしくないのです。

ここで大事なのは、おねしょ、チックなどは、結果なのです。

多くは、結果を治療しようとしますが、その根本原因を見ないといけません。

もし、歯科矯正などの後にでているなら

歯科矯正が悪いわけではありません。そのバランスに自分の体が耐えられない、順応できない状態です。それは、バランスが変わってくるからです。新しいバランスに順応させるために整体施術をするといいと考えます。

もし、歯科矯正の後に症状が悪化しているなら

歯だけをワイヤーを入れて、固定をすると今まで連動して動いていた部分が動かなくなるわけです。

『脳からしても動かない!?動け?あれ!?おかしいな?』と伝達が悪くなります。

つまりここでは、おねしょやチックを治すのではなく、

ワイヤーを入れても、体が順応できるようにしてあげるバランスを作っていくことです!

整体院ボディーケア松本では、骨格、頭蓋、膜、神経、ホルモンを連携して見ていきます。

もちろん、おねしょですので、仙骨などの動きないか?制限があれば矯正します。

頭蓋に制限がないか?ずれていないか?ずれていれば矯正するといった具合です。

つまり、歯を矯正し始めたら、それに関連して動かなくなった骨、関節、膜などの部分をきちんと動かすように施術をしていきます。

歯の治療と連携しながら見ていくことでお子さんの出ていた症状、また歯科矯正をしながら骨格・膜などの矯正していくことが大事です。ぜひ、お子さんの健やかに育っていくためにも整体院ボディーケア松本の子供整体、小児整体を受けてみてはいかがでしょうか?

まずは、ご相談からでも大丈夫です。

ウェブ限定割引

赤ちゃんと子供の整体

お問い合わせはこちらから

電話対応について:誠に申し訳ありませんが、施術中で電話に出られないことが多いかと思います。ご予約・お問い合わせの方は、留守番電話にメッセージを残していただければ、後ほどこちらから折り返させていただきます。